購入をお考えの方

不動産購入の流れ

  • STEP.1不動産購入のご相談・お問い合わせ

  • STEP.2購入動機や購入時期の確認・プランニング

  • STEP.3資金計画

  • STEP.4物件選定

  • STEP.5現地見学

  • STEP.6購入申込

  • STEP.7条件交渉

  • STEP.8重要事項説明書と契約書の確認

  • STEP.9重要事項説明

  • STEP.10不動産売買契約の締結

  • STEP.11ローン契約(金銭消費貸借契約)

  • STEP.12物件引渡し・残代金決済・所有者移転登記手続き

不動産購入時の諸経費・残金

不動産の購入の際には、契約から引き渡しまでさまざまな経費や税金がかかってきます。
また、購入後のリフォームや管理委託費用や設備点検費用等、さまざまな費用がかかってくるものです。

購入にかかる主な諸経費

仲介手数料

不動産会社に支払う報酬です。通常は、
売買価格 ×3%+6万円に消費税=仲介手数料
(売買価格が400万円超の場合)となります。
ほとんどのケースは契約時に半金支払い、決済時に残金を支払います。

登記費用 一般的に所有権移転登記費用は買い主の負担となり、「司法書士報酬料」、「登録免許税」などが必要となってきます。ローンを利用する場合にも抵当権設定登記費用が必要です。
ローン保証料 ローン返済が不可能になった場合の備えになります。金融機関によっては保証人を立てておけば無料になるケースもあります。
保険料 建物を補償する火災保険や地震保険、個人賠償保険およびローン支払途中で万が一があった場合を保障する団体信用生命保険などが必要となってきます。

購入にかかる税金

印紙税 売買契約書に貼付する印紙代。売買金額により印紙代金は異なります。
登録免許税 所有者移転や保存登記、住宅ローンを借入する場合の抵当権の設定登記などにかかります。
不動産取得税 不動産を購入したときにかかる税金。土地や建物の購入、建築や贈与でもらった場合にもかかります。
  • ファイナンスアレンジをご希望のお客様へ ご面談依頼はこちら
  • 収益物件仲介実績
pagetop